おいどんの日記ブログ

ブログと言うよりただの日記

親になったから買った物

これから先に、もうあれを買う事も使う事もないけれど、親や兄弟や友人や恋人という、目に見える存在以外の者への初めての買い物。それは忘れもしない「腹帯」だった。

妊娠してお腹が目立ち始めて、だんだんと母になる実感が湧きはじめた頃、お腹を冷やさない為に腹巻きがわりの腹帯を買った。めちゃくちゃ地味でオシャレさの欠片もない腹帯を、

こっちの方がより冷えにくいのかな?でもお値段がなぁー…。このサイズは窮屈そうだなぁ。

などとメチャクチャ思案して、まだ顔も姿も見えないお腹の中の子の為に買い物をした。
たとえ私がお腹を冷やしてしまっても、お腹の子まで冷えさせない様に。
自分の為の買い物の様でいて、実は子の為の買い物だった。親になるってこういう事なんだな…って思いながら迎えた出産の瞬間。産まれてきた我が子は、何とも言えない産声をあげて、大量の胎脂に覆われてやって来た。

「胎脂がいっぱいって事は、お腹の中が寒かったから胎脂で守ってたんだね」                         
凄腕助産師さんの言葉に、
え?あの腹帯の努力は??
無駄な努力だったのかと、ちょっとしょんぼりしたけど、子の持つ生命力に感動した。

自分の中に心臓が二つあった時代の幸せな買い物の思い出に、この日記を書きながら浸っている。                       

それどこ大賞「買い物」