おいどんの日記ブログ

ブログと言うよりただの日記

感情が迷路で迷子

とうとう明日が来てしまう。不安とワクワクをグツグツ煮ながら待ちに待っていた、私にとって下半期の大イベント前夜だ。

…が。

今日まで、時化も大時化、日常が大波に飲まれるような恐怖に見舞われていた。
前向きの方向へオールを漕ぐ私と、後向きに漕ぐ私。その後者の方がガンガン主張し始める。
そんな大イベントを、私なんかが体験できる筈がない。子が熱を出すとか何かで土壇場で行けなくなるとか、何かあるんじゃない?…とかそんな風に、行けなかった時のショックに備えて心に保険をかける。
そんなご褒美もらえるくらい、頑張ってないでしょうに。…とかメチャクチャに自分で自分を脅かす。だけどその脅しが現実になろうとしていた。

もともと原因不明の病をもつ家族が体調を崩し、何か命を脅かす別の病を発症したのか、入院するかどうか、診断の結果と決断をここ数日の間突き付けられていたから、もう明日の事など無いものになっていた。
本当に幸せな事に、状況は好転し始め、おそらくこの状態が続けば大丈夫だろうと言う所まできた。
少し安堵したのか、この数日気付かない内に心身共に疲れていた様で、一気に具合が悪くなってしまった。と言っても寝不足から来たであろう片頭痛と異常な疲労感と意地悪な眠気だけど。とにかくホッとしたのだ。すると、日曜は何時に行くんだっけ?と聞かれ、ん??何が?と把握出来なかったけど、まさかイベントの事?!行けんやろう!と返した私に、
あんた以外誰も家にいないわけじゃないし、もう大丈夫やけん行っておいで。
そう言われて戸惑った。だってやっぱり心配だし。だけど反面、もう二度とない機会で、本当にこの数ヶ月待ち望んでいたご褒美の様なものだったから、色んな感情があっち行きこっち行きしてしまった。
とにかく、今日の様子を見てから決めようと思い、何の準備もせずにいた。多分これも心の保険なんだろうと思う。

そして今日。
昨日までの状態が嘘のように好転していて、今日は本人が驚くほど良い調子で本当に嬉しかった!その結果、改めて背中を押してもらったので、迷路から無事に脱出し、かなり慌ただしく明日の準備をしている。(まだ進行形…やばくないか?)

未だに全く明日の私は未知の世界。本当に頭の中は真っ白。ご褒美を有り難く頂くだけだ。
明日の私は何を書くかな?って言うか書ける?