読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいどんの日記ブログ

ブログと言うよりただの日記

夏にまみれる

f:id:oidon-don:20160814070241j:plain

子は絶賛夏休み中。私は仕事の為、遠出などさせてあげられない。なので毎年変わり映えのしない夏休みになってしまうのが私の悩みだ。

子は私と正反対で、アトラクションものが苦手で、絶叫マシーン系はもっての外。高所恐怖症もあり、観覧車でさえ無理。なので遊園地に連れて行っても遊び甲斐がないのだ。私はワクワクする程大好きなのに…。どっちが子供なんだか。
だからここ数年は、一緒にプールへ行く事くらいしかしていない。最初の頃は付き添い程度で、子が遊ぶのを見ていたけど、正直退屈だしクソ暑いだけだった。私だってプールで遊びたい!!!滑り台とか滑りたい!!
ところがそう簡単にプールで遊ぶ訳にはいかない。
夏の陽射しは私の最大の敵…。わーい♪などと遊んだ後は恐ろしい地獄が待っているのだ。

私はかなり肌が白い。生まれてこの方、初対面の人から必ず言われる第一声は「色白いねーー!!」であり、あまりにもそればかり言われすぎた為、それがコンプレックスだった頃もあった。肌が黒いと悩む人には、「そうでもないですよー」と言う私の返しが嫌味に聞こえたかもしれないけど、考えすぎて1周まわって変な謙遜になる様な返事しか出来ない時期があったりもしたけど、もう謙遜してなどいられない。確かに色が白い。自分でも「……白っ!」と引いてしまう時がある。
だったら焼けばいいじゃない?って思って、海やプールや体育祭で太陽に肌をさらした。結果、もう大惨事。黒くならずに真っ赤(正しくは赤黒く)になり、動くだけで焼けたところが熱を持って痛む。
ちょっとした火傷のような感じで。お風呂も激痛、寝る事もままならず、私は健康的な小麦色の肌にはなれない事を悟った。

それから1年中、日焼け止めを欠かせない。夏ほど念入りではないけど、冬も日焼け止めを塗っている。この歳になればシミ・シワなども増えてくるから、肌対策にもなるしちょうどよい。
そんな私が真夏のプールで遊ぶには、完全武装で挑まなきゃならない。まず、日焼け問題と体型的な問題で水着は着ない(着られない)。上半身→ラッシュガード、下半身→水濡れOKのハーフパンツで防御。そして露出する顔や手足には、日焼け止めクリームの2種類使い。
尋常じゃない汗っかきの為、すぐに日焼け止めが落ちるので、顔は白塗りか???ってくらいにコパトーンのUVクリームとアネッサのUVクリームを塗る。
パティシエがケーキに生クリーム塗るくらいの勢いで。コパトーンは優秀!私の肌の防衛軍!!
帽子を忘れるという大きなミスを犯したけど、タオルをほっ被りすると言う手で何とか頭皮をカバー。
水に入ってしばらくしたらまた塗る。

そんな面倒くさい事をしてでもプールで遊びたかった。子とワーワー遊びたかったのだ。だって、いつまで子と一緒に遊べるかわかんないから。一緒にプール遊びできなくなる日が来るんだから。
遠出は出来ないけど、夏の思い出を作ってあげたい。親子で一緒に夏にまみれる思い出を。
夏休みもあと少し!さて、後は何しようかなぁ?

f:id:oidon-don:20160814070112j:plain


f:id:oidon-don:20160814070445j:plain