読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいどんの日記ブログ

ブログと言うよりただの日記

親と子

今日母と電話してて泣いてしまった。喋っていたら泣けてきた。
だいたいが涙もろいから笑い過ぎて泣くし、感動して泣くし。ただ厄介なのは怒っても泣くし、悔しくても泣くってところが自分でも嫌だ。

今日泣いてしまったのは、日々の自分と子に対してイライラが爆発してしまったから。

朝起こしても全く起きないし、そのくせ集合時間に間に合わせようとしない子を叱る事から始まり、結果笑顔でいってらっしゃいを言えず、仕事が終わって子を迎えに行って一緒に帰宅後、決められた約束事を一切守らず、寝る寸前まで叱り、結果やっぱり笑顔でおやすみなさいを言えず。そしてまた同じ朝が来る。
毎日毎日毎日毎日これが続いていて、精神的に少し参ってしまっていた。仕事よりも子を叱る事の方が何万倍も苦痛で苦痛で。
そして自分と言えば、自分の中のお母さん像から程遠い人間で、もう言ってしまえばろくでなしだ。仕事にかこつけて家事を疎かにさえしている。子が小さい頃はこんなんじゃなかったのに…。自分がこんな親だから子もそうなっちゃうんだ。自分が甘いんだ。そんな自分の中の圧縮袋に入って、だんだん袋の中の空気を自分で抜き続け、真空のように息が出来なくなってきていたんだろうと思う。

私の母(実家)は車で数分の近距離にいるので、私と子の様子はちゃんとわかっている。さすが私を生んで育てた人だ。用があって母から掛かってきた電話で、最近の自分と子の日常について話していたら、堪らず勝手に泣けてきてしまい、上ずる涙声で子供のように母に話していた。母に泣きながら話をしたのは久々だったけど、母は何もかもを見通している様に私の涙声を「うん」と聞いてくれた。

父親のいない環境の子に、少しでもお友達を羨ましがらないで済むように物質的に甘く育ててしまっている自覚が自分にはあり、その環境を選択せざるを得なかったとは言え、子を私と2人で生きる人生を歩かせている『負い目』があると話したら、間髪入れずに母が、

もしあのまま無理して生活を続けていたら、今どうなってた?今の幸せはなかったやろ?何年も悩んで出したあんたの結論は正しかったよ!それなのに何であんたが負い目を感じる?負い目なんか感じなさんな!!もしもあんたに環境の事で間違った方向に楯突く様な言動があったら、お母さんは(子に)黙ってないよ!

電話越しでそう言ったかと思えば、吹き出すような冗談を言って、涙声だった私を笑わせてくれた。

この人が私を産んでくれて、母であってくれる私は幸せ者です。お母さん、お願いです。楽しく長生きして。まだまだ何も親孝行らしい事ひとつも出来ていないよ。
そして、私も子に、この人が親でよかったと思われる人間でありたい。