おいどんの日記ブログ

ブログと言うよりただの日記

もじもじ悩む

もう6月とか………日記つけてて途中で寝落ちしたりして、下書きが山のようだ。だらしないなー。 今日こそは仕事終わって夜中に日記つけようかな。 書きたい事は山ほどあるのに、考えすぎて打つ手が止まる。たかが日記。されど日記。さぁー、1日の終わり頃の自分…

なんてこった

今日までに、色々と片付けておきたい事が山の様にあったのになぁ。くっそー…予期せぬ体調絶不調で、思い通りにならずに今日になっちゃった。毎日コツコツやってりゃ良かったものを。君は学習能力がないよね。それで何十年生きてんだか…。 でもさ、意外と大胆…

えろいむえっさいむ

エロい妄想って、日々どれだけの人達から生み出されてるんだろう。その妄想を全部集めて形にしたら、この世界はエロさに覆い尽くされてしまうんじゃないかな。妄想の幅はピンキリだろうけど、えぐいのから可愛らしいものまで、それはそれはバリエーションに…

右と左の別世界

欲しかったイヤホンが手に入ったので早速音楽を聴いた。良い音だなぁ…。買ってよかった!!だけど、いつもの事だけど、せっかくのお気に入りのイヤホンの左が宙ぶらりんで寂しそう。1曲聴き終わると、今度は左のイヤホンを右耳にして同じ曲をもう一度聴く。…

恥を棄てよ、暖を取れ

今週のお題「冬の寒さ対策」 ↑なんかこれが目に入ったから書こうっと。時代がやっと私に追いついたのね。って類の言うフレーズは、本やTVの中でしか聞いた事がなかったけど、心底自然に天然な「時代が追い付いたのね」に出会った。自分の頭にこのフレーズが…

子の衝動

先週火曜日、ついに子がインフルエンザをもらって来てしまった。月曜日は参観日だったので学校へ行くと、違うクラスの子のママさんが、「今日11人欠席だってよ!」「えー、やばいね!うちのクラスは金曜日は1人だけだったけど、大丈夫かなー?」「いやいや、…

いった年 きた年

あぁ…もうお正月終わってる…。もう中旬だ…。やっぱり今年も時の流れは早いのね。ボサーっとしているつもりはないけど、してるんだろうなぁ、ボサーっと。 この時間の流れの早さを今年こそは変えなきゃ。勿体なく流してしまってはいけないんだ。自分のこの手…

闇の底のもぐらの日々

はてなブログさんから、 「おいどんさん、お元気ですか?」 とメールが届き何事か?!と思ったら、前の更新から少し経っているお知らせだった。それと更新を勧める旨の内容だったから、ちょっとだけカチンとしちゃった。だって別にお金を貰っている訳じゃな…

ドラマを見る

もう12月になってる…。何してたんだろう私。最近は子の影響でドラマをよく見る。いや、見せられているが正解かな。自分の意志で毎週欠かさず見ていたドラマは何だったかなぁ?かなり遡らなきゃ思い出せない…。えーっと、パッと思い出せるのは「鍵のかかった…

思ったように狂えない

無意識に、なりふり構わず、人の目など気にする事なく狂ってしまいたい。狂うとは言っても、何の罪も非もない、無関係な他人を殺めたり傷付けたりする様な迷惑なキ○ガイの様な狂い方じゃなく。好きな物事にひたすら狂いたい。一心不乱に。どうやったらそうな…

こころのともしび

すごく沈んでいても、ほんのひと時、沈んでいる事を忘れさせてもらえる何かがある事は幸せだな。人と話す。面白くて腹の底から大笑いする。大好きな曲を聴く。私はいい加減なんだと思う。どんなに沈んでいても、所詮は足の着く深さぐらいの所でジャブジャブ…

難問

気付かない間に、子が書いた手紙がテーブルにそっと置いてあった。 いつもの色とりどりのカラーペンではなく、芯の薄いシャーペンで書いてある、たった10行の手紙。 その10行の中の1文には、「再こんしてほしいな!」なんて重たい手紙だろう…。今まで生きて…

凹んで澱んで立ち直る

子を叱る。ひとつ解決してはまた別の問題勃発で叱る。自分がヒステリーなのか?と思ってしまうぐらい。子は私を叱らせるプロフェッショナルだ。私の子供時代、門限なんて1分でも遅れようものなら家には入れなかったし、それが当たり前だった。だって我が家の…

親になったから買った物

これから先に、もうあれを買う事も使う事もないけれど、親や兄弟や友人や恋人という、目に見える存在以外の者への初めての買い物。それは忘れもしない「腹帯」だった。妊娠してお腹が目立ち始めて、だんだんと母になる実感が湧きはじめた頃、お腹を冷やさな…

もう消灯時間だからおやすみなさい。と言う命令

最近、寝落ちが激しくて損した気分になっている。やらなきゃならない事、やりたい事、それを押し退けて睡魔が勝つ。寝るのはいい事だけど、睡眠の質が悪すぎる。フローリングに死体のように転がってる様は、ちゃんと睡眠をとっているとはとても言えない。か…

えくぼ

ふと、どこからか流れていたネット上のとある話に思いを巡らせている。それは、えくぼにまつわる中国での言い伝えについて。 中国では人は死後、冥界と呼ばれる世界へ逝くのだと言う。そこには「忘川河」という河があり、その河には橋がかかっているそうで。…

体内スコア

子があゆみを持って帰って来たけれど、通知表をもらってくるのは子だけじゃないのだ。私にも来た。体の通知表が。健康診断の結果が来たのだ。怖ぇぇーーっ!去年より体重増えちゃってるし、不摂生な方だからおっかないなぁ…。ビクビクしながら結果を見たら …

色褪せてゆくもの

日記をつけようとしても、書きたい事が山盛りなのに何も書けず。大変な出来事が同時進行で頭も心もぐらぐらだった毎日。1週間以上かかってやっと今、日記をつけられる。 本当なら、9月25日の自分の記憶が遠ざかる前に書きたかったけど無理だった。日常と夢の…

感情が迷路で迷子

とうとう明日が来てしまう。不安とワクワクをグツグツ煮ながら待ちに待っていた、私にとって下半期の大イベント前夜だ。…が。今日まで、時化も大時化、日常が大波に飲まれるような恐怖に見舞われていた。 前向きの方向へオールを漕ぐ私と、後向きに漕ぐ私。…

ルーズリーフの車窓から

もう長い事会えてないし話せてないなぁ。お互い母になったし、私と違って子沢山母さんだから、自由に出来る時間を確保するのがかなり大変。よって会えずにもう何年も経つ。いちばん下の子が今何歳かもわかんないくらい。□子、元気かなぁ?高校の友人や同級生…

ファンになるという事

誰かのファンになるって、どう言う心のシステムなんだろう。人はどうして誰かのファンになるんだろう。単純に言えば「好き」になるから?でもその「好き」の度合いや形は人それぞれに違うよね。歌が良いから。声が良いから。曲が良いから。詞が良いから。顔…

コンプレックス山盛り

裸眼で生きる事に憧れる。そりゃあもう心底。小学生でメガネをかけ始め、それからどんどん視力が悪くなり、キテレツ大百科の勉三さんの実写版かってくらいの瓶底メガネで過ごしていたけど、高校に入学したくらいに、私の中にわずかに居る乙女心さんが声を少…

せつないもの

仕事が終わって子を迎えに行って、買い物を終えて両手にどっさり荷物を下げ、子とバカ話をしながら店外へ出ると、まだ空は明るくて、ほんのり気持ちいい風が吹いていた。店を出てすぐに気付いた空の綺麗さ。テンションが上がってすぐさま子に「うわーっ、空…

こんな頭の片隅の

さすがに心がざわつき始めてきた。 やばいぞ。もう準備し始めないとバタつくパターンでしょ。下半期最大の(いや、今後もうないかも)未知との遭遇!!全く想像が出来ない。 どがんすると?本当に。いっちょんわからんし。 まず、うち自身どうなるかも予想出…

優しい言葉

まだ私が誰かの配偶者だった頃。 姑さんがいて、その姑さんと嫁の私には大きな揉め事などはなかったが、だからって仲良しってわけでもなく。愛しい息子を奪う存在の私があちらに好かれていないのは重々承知だったけど、嫁いだ先にはちょっとした家庭の事情が…

じゃあ私は何味なんだ

たまたま目にしたソウルナンバーってやつを調べてみた。自分の生年月日を、1桁ずつ足していくと出る数字が自分のソウルナンバーらしい。やってみるとびっくりするぐらい当てはまらない。 えっ?私ひょっとして誕生日違うんじゃない??ぐらいに違う。まぁ占…

心空なり

最近なんかうわの空で、腰を据えてやんなきゃならない事がフラフラしてて困る。うわの空の原因はわかってるんだけど、どうにも出来ない。随分と前から楽しみにしている事がそろそろ緊張感を漂わせてきていて、その瞬間を迎える時、一体自分がどうなるのかが…

Upside Down

私が何かしら惹かれる人や音楽には、必ず共通点がある。それは『ギャップ』である。 やっている事や話す事が心底下らなかったり、見た目にバカな事をやっているのに、創り出す作品は惚れ惚れするほどかっこ良くおもしろい。真正面から勝負出来る『武器』を持…

夏にまみれる

子は絶賛夏休み中。私は仕事の為、遠出などさせてあげられない。なので毎年変わり映えのしない夏休みになってしまうのが私の悩みだ。子は私と正反対で、アトラクションものが苦手で、絶叫マシーン系はもっての外。高所恐怖症もあり、観覧車でさえ無理。なの…

世々に至るまで

長崎(市内ではないけれど)に生まれ育ち、普通に学校で平和教育を受けて来た。広島に生きる人達も同じくそうだろう。被爆者であり語り部の多くの方々が命をかけて繋いできた平和の大切さは、小さい頃から心に刻まれている。 おぞましくて惨たらしくて悲惨で…